会員登録

お気軽にお問い合わせください!

豊島区周辺の飲食店舗物件情報

豊島区周辺の居抜き物件での開業ノウハウ教えます。

豊島区の居抜き物件での開業ノウハウ教えます。

飲食店開業において出店エリアは非常に重要です。全く知らない立地で営業をするよりも、土地勘・街の特性・、人の流れ・人気店などを把握している方が勝てる確率はぐっと高まります。
「敵を知り己を知れば百戦あやうからず」 まずは開業したい立地をしっかりと調査することが大事です。店内は改装さえすれば雰囲気は変えられますし、業態も変更することができます。しかし立地だけは後で修正がききません。
店舗開業には数百万~数千万の費用がかかります。少しでも勝率を上げる為に、区ごとの特性をしっかりと把握して少しでも売上が見込める立地での開業を目指しましょう。

豊島区のイメージ

豊島区の飲食店舗物件の特徴

出店人気度 Aクラス (S:かなり人気 A:人気 B:普通 C:不人気)
飲食店居抜き物件出現度 Aクラス (S:滅多に出ない A:ほとんど出ない B:普通 C:よく出る)
駅周辺1Fの平均坪単価 坪約 1.2万円 〜  8万円
平均所得 約 412万円 (東京23区中11位)
主な路線(一部) JR山手線 JR埼京線 東京メトロ副都心線 東京メトロ丸ノ内線 西武池袋線 など

豊島区の開業人気の高い駅

池袋駅 千川駅 巣鴨駅 大塚駅 駒込駅 など

豊島区の主な立地

オフィス街 大塚駅 要町駅
商業施設 目白駅 池袋
住宅街 椎名町駅 東長崎駅
繁華街 池袋駅 大塚駅
商店街 千川駅 巣鴨駅 駒込駅
ロードサイド 雑司が谷駅 新庚申塚駅
学生街 要町駅 学習院下駅

豊島区の居抜き物件の特徴

豊島区といえば、真っ先に思い浮かぶ駅といえば、やはり池袋でしょう。世界2位の乗降客を誇り、まさに繁華街といったイメージが強いと思います。近年オフィスも増加し、東口五差路近辺や、東池袋方面は数々のオフィスが立ち並びます。しかし豊島区は池袋だけではありません。東長崎のように下町情緒たっぷりな町並みから、千川駅周辺のような大きな商店街、お年寄りの原宿と呼ばれる巣鴨、目白の閑静な高級住宅街までいろいろな顔があります。駅によってさまざまな特徴があるのも豊島区の魅力ではないでしょうか。

まとめ

駅によってさまざまな特徴があることから、まずどんな客層をターゲットにするかによって出店エリアは変わります。
当然池袋駅は人気エリアですので、飲食店も数多くありますが、逆に競合も多いエリアですし、賃料も他のエリアに
比較すると割高となります。開業する予定の業態や客単価がどのエリアにあっているかなどを考えて、物件を探すと良いかもしれません。

エリア別ノウハウに戻る

TOP