会員登録

お気軽にお問い合わせください!

飲食店の売却・買取り・譲渡を検討の方

居抜き買取りなら飲食店買取りJPへ。お店を売りたい方を全力サポート!

居抜き入門

居抜き物件にまつわる基本をご説明いたします。

業務委託とは

飲食店の経営においては、初期投資のコストを安く抑えることができると言われている居抜き物件でも、ある程度まとまった金額の初期費用が掛かるものです。
居抜き物件の中でも、それまで営業されていた業態が自分が開業しようと考えている業態と同じ場合には特に、厨房設備などをそのまま引き継げるケースが多いために初期費用を抑えることができます。
しかし、脱サラなどで初めて飲食業を経営しようと考えている人にとっては、どこをどんな風に内装すればよいのか、どんな設備が必要なのか、また、完備されている設備の状態はどうなのか、そうした細かい点までなかなかきめ細かい注意やケアが行き届きにくいものです。

そんな人にオススメなのが、業務委託という経営方法です。

業務委託というのは、飲食店を運営する人がそのままオーナーになるのではなく、資金提供は営業を始める前のセッティングをすべて行ってくれるというメリットがあります。
飲食店のノウハウを知らない人にとっては、オーナーがこうした部分でサポートしてくれることは大きなメリットといえます。

しかし、業務委託では、基本的に店舗の内装やレイアウト、設備投資に関してはオーナーが行うため、実際に店で働く自分自身の趣味やイメージはあまり反映されないというデメリットもあります。

また、オーナーが資金提供をしている飲食店のため、毎月の売り上げの中から店舗使用料などの経費が発生する点も、業務委託のデメリットです。

業務委託を行っている飲食店は全国にたくさんあります。

全国チェーンの業務委託店の場合には、仕入れ先などもあらかじめ決められていたり、業務や店舗経営でもフレキシブルに対応させてもらえないケースも少なくありません。
そのため、すでに店舗経営の知識や経験がある人にとっては、デメリットの方が強くなってしまうことも考えられます。
しかし、初めて飲食店経営をする人にとっては、経営のノウハウを実働を通して学ぶことができるので、これからの店舗経営においては大きな糧となり、経験者にとってのデメリットも初心者にとってはメリットになるといえます。

業務委託で店舗経営を経験する場合には、すでに売上実績があって店舗経営が安定している業務委託を選ぶのがポイントです。
ぶけなびのような店舗物件検索サイトを活用して物件の業態やロケーションを比較検討すると同時に、店舗経営など内部事情などもできるだけチェックしたほうが業務委託では成功する可能性が高くなります。

TOP