会員登録

お気軽にお問い合わせください!

居抜き入門

居抜き物件にまつわる基本をご説明いたします。

居抜きのメリット

居抜きのメリットは、なんといっても初期投資が抑えられることです。

前の造作を活用することで、内装工事代金や厨房機器代金などの費用が少なくても開店できるというメリットがあります。

業種が同じ店舗の場合なら、そのまま利用することも可能。(ほとんどありませんが。。。)特に水回りの工事は莫大な費用がかかりますので、チェックしてください。

また、内装を一から作る場合は、期間も多くかかってしまいます。その点、居抜き物件はすぐに開店できてしまいます。

「ぶけなび」は飲食店専門の居抜き物件・居抜き店舗の情報満載です。
ぜひ一度お問合せください!!

店舗を居抜きで開店するメリット1

初期費用が抑えられる

スケルトン状態(コンクリートむき出しの状態)から壁、床、天井、トイレなどの水回りから店舗をつくり込み、さらにテーブル、椅子、看板、厨房機器など設備を揃えるのは、莫大な費用が発生します。

特に厨房、トイレなどの水回りの工事には莫大な費用がかかるので、水回りだけでも造作が残っている居抜き物件を選ぶだけでもかなりの費用が抑えられます。

店舗を居抜きで開店するメリット2

短期間で開店できる

店舗物件の内装工事を一部変更するだけなので、工事期間が大幅に短縮できます。
家賃は営業していない期間でも発生しています。
工事期間が短縮できることで、短期間で店舗の開店が可能になるので、その分営業日数が増え、早く収入を得ることが出来ます。

店舗を居抜きで開店するメリット3

手間が省ける

また、厨房機器、テーブル、椅子、什器などの設備も必要なものだけ追加で揃えれば良いので、時間も手間も省くことが出来ます。

店舗を居抜きで開店するメリット4

業態によっては、以前のお客を取り込める

同じ業種であれば、サービスの内容次第で前の店舗の客を取り込める可能性があります。
ただ、居抜き店舗はメリットだけではありません。
デメリットも知って上手な飲食店舗居抜き物件の活用をしましょう。

店舗を居抜きで開店するデメリット

  • 店内のレイアウトをほとんど変えられない。
  • 設備の老朽化や機器が中古な為による故障などのトラブル。
  • 居抜き前の店舗のイメージが残ってしまう等のデメリットもあります。

居抜店舗物件を上手に活用して繁盛店舗をつくりましょう。

TOP