会員登録

お気軽にお問い合わせください!

飲食店の売却・買取り・譲渡を検討の方

居抜き買取りなら飲食店買取りJPへ。お店を売りたい方を全力サポート!

不動産用語集

飲食店の開店・開業をするときに知っておきたい、用語説明集

店長

店長とは、店舗の責任者で管理監督する立場にある人をいいます。ストア・マネージャーと呼ぶ場合もあります。
その職務は、自らワーカー業務をやりながら、パートタイマーの採用、トレーニング、作業割り当て、シフト管理、安全衛生管理、店舗資産管理、金銭管理業務等を行います。飲食店の売上は、店長次第で20~30%は変わってくる、といわれており、それぐらい店長の役割は重要です。

飲食店の店長に求められる基本的な能力は、下記の3つの要素が大きな柱になります。 店の盛衰は、店長の能力のレベルによって決まりますので、それを強く自覚することが重要です。

店舗オペレーション能力(運営能力)

店舗におけるすべての作業やサービスをこなすための、QSCオペレーションレベルを向上させていく専門的技能のことで、テクニカル・スキルともいいます。

マネジメント能力

人を管理していくコミュニケーション能力、人を調整(お客さん・部下・本部を調整)していくコーディネーション能力、そして創造性を発揮していくクリエイティビティ能力を総合したものです。

リーダーシップ能力

これは人間力、つまり人間的魅力のことです。ヒューマンスキルともいいます。店舗のメンバーにモチベーションを与え、やる気を盛り立てる能力です。

戻る

TOP