会員登録

お気軽にお問い合わせください!

飲食店の売却・買取り・譲渡を検討の方

居抜き買取りなら飲食店買取りJPへ。お店を売りたい方を全力サポート!

不動産用語集

飲食店の開店・開業をするときに知っておきたい、用語説明集

袖看板

袖看板とは、建物の壁や支柱から道路側に突き出して設置した看板のことで、縦長のもの(着物の袖のように)をさします。
横長のものは、突き出し看板といって、区別するのが一般的です。大きさ、掲出法などに対して、安全性・美観風致の維持の視点などから、さまざまな規制があります。

袖看板は、地上よりも高いところに位置します。
さまざまなところから見ることができ、全般的に視認性にすぐれているといえます。
そのため、その周囲の景観の印象を大きく左右することになりますので、サイズや設置方法などについて、細かい規制がされています。

貸店舗や居抜き物件を利用しての店舗運営の場合には、すでに設置されている袖看板に、手を加えることが必要です。
基本的な構造を残したうえで、掲出する内容を差替える方法が一般的です。
基本的には、上記の規制をクリアした状態のままで、引き継ぐことができるというメリットがあります。

袖看板の種類としては、ステンレス製やアルミ製のものなど、雨風にさらされる条件において、耐久性の確保できるものが一般的です。
中には、縁取りに点滅球があしらわれたものがあり、歩行者によりアピールができるように工夫されています。
基本的には、看板の内部にも電球が仕込まれているのがほとんどで、夜でも視認性を保つことができます。

このように、袖看板は飲食店店舗の看板のスタンダードともいえるものです。飲食店開業の際には、センスの良いデザインのものを検討すると良いでしょう。

戻る

TOP