会員登録

お気軽にお問い合わせください!

不動産用語集

飲食店の開店・開業をするときに知っておきたい、用語説明集

立地

新しく飲食店を開業する計画を立てる際に、もっとも重要なポイントの一つが立地です。飲食店の開業の際に多くの人が抱きがちな誤ったイメージとして、「できるだけ人通りの多いところに開業すれば繁盛するはずだ」というものがありますが、そうではありません。
大切なのは、店舗とその立地における飲食ニーズが適切にマッチングしていることです。

適切なマッチングを行うためには、それぞれの立地の特徴を把握しておくことが効果的です。居抜き物件を取得する際にも役に立ちますので、頭に入れておくようにしましょう。

オフィス街: 男女を問わずビジネスマンがメインターゲットとなります。
メリット:平日のランチやディナータイムの安定したニーズが見込めます。
デメリット:土日や休日を休みとしている店舗が多く、ファミリー層のニーズはあまりありません。また、競合店舗が集まりやすいため、競争が激しくなります。
駅前: 通勤や通学などの際のアクセスに優れているため、居酒屋やバーなどのアルコールを提供する飲食店が多く集まります。
メリット:ターミナル駅の周囲などは特に多くの人が行き交うため、幅広い層をターゲットにすることができます。また、駅から看板が見えると広告宣伝効果も見込めます。
デメリット:賃料などが高いのがデメリットです。そのため、入居する際の審査も厳しくなります。
繁華街: ファミリーやカップルなどがメインターゲットとなります。
メリット:平日はもちろんですが、土日や休日に特に多くの人が集まるという特徴があります。
デメリット:駅前と同じく賃料などが相対的に高くなりがちです。
商店街: 地元の住民や高齢者などが主なターゲットになります。
メリット:競合店舗が比較的少ないため、安定した経営を行うことができます。また、賃料も比較的安価です。 デメリット:繁華街や駅前のような売上げを見込むことはできません。

戻る

TOP