会員登録

お気軽にお問い合わせください!

飲食店の売却・買取り・譲渡を検討の方

居抜き買取りなら飲食店買取りJPへ。お店を売りたい方を全力サポート!

不動産用語集

飲食店の開店・開業をするときに知っておきたい、用語説明集

名義書き換え料(名義変更料)

現在の賃借人が設置した造作や備品を、次の貸借人に譲渡する場合、それらの造作や備品を購入した賃借人と賃貸人間において賃貸借契約を締結する際に、現在の賃借人が新しい賃借人に支払うお金のこと。
造作の譲渡を認めている居抜き物件において、「名義変更料○○%」などの表示で賃貸借条件に掲載されています。
誤解されやすいのですが、あくまでも以前の所有者が新しい所有者に支払うお金のことで、その逆ではありませんので注意しましょう。

名義変更料の料率について特に定めはなく、実際の譲渡金額に対して○○%として計算されます。
ただし、契約の内容によっては、名義変更料を賃料の何ヶ月分、保証金の○○%として規定する場合もあります。
なかには「造作譲渡金の○○%+保証金の償却」としている契約もあり、造作譲渡に伴って名義変更を行う場合には、十分注意が必要です。
歩率を契約書における特約事項としておくことで、退店の際の不要なトラブルを防ぐこともできます。

名義変更料が発生するケースは、あくまでも前の賃借人の賃貸借契約期間中に造作譲渡が行われる場合です。
つまり、前の賃借人が退去して賃貸借契約が終了している場合には、新規の契約となりますので名義変更料は発生しません。

また、造作の譲渡や売買に限定せず、運営している店舗の契約名義を第三者に変更する場合でも、名義変更料が必要になります。
ただし、賃貸契約期間中の名義変更となりますので、賃貸人からの承認が得られない場合が多いようです。

戻る

TOP