会員登録

お気軽にお問い合わせください!

不動産用語集

飲食店の開店・開業をするときに知っておきたい、用語説明集

更新料

更新料は賃貸借契約の契約期間が満了する際に、契約を更新するために賃借人から賃貸人に支払われるお金のことです。
飲食店店舗においても、賃貸借契約を結んで経営を行っている場合は、一定期間ごとに更新料が必要とされます。
小規模の飲食店店舗の経営者にとっては、この更新料の支払いが負担になることもあり、支払いを行わないために契約期間満了前に閉店や売却をして、店舗を明け渡すケースもあります。
更新料の金額については、通常賃貸借契約書に特例事項として明記されていますので、事前にきちんと確認しておくことが大切です。

更新料についての法律による規制がないといっても、賃貸借契約書に記載されている場合には支払わなければならないケースがほとんどです。 賃貸物件や店舗が空室になってしまうと、次の入居者が決まるまでに時間がかかることもありますし、そのため賃料の引き下げを行わざるを得なくなるケースも増えています。

すでに入居している店舗の更新時期が近づいているようでしたら、更新料の値引きを賃貸人に交渉してみるのもいいでしょう。すんなりと要望が通ることは難しいかもしれませんが、場合によっては、柔軟に対応してもらえるかもしれません。

戻る

TOP