会員登録

お気軽にお問い合わせください!

不動産用語集

飲食店の開店・開業をするときに知っておきたい、用語説明集

イニシャルコスト

飲食店におけるイニシャルコストとは、店舗の企画段階から設立など、実際のオペレーションが始まるまでに必要とされる初期費用のことをいいます。大きく分けると、下記2つの費用があります。

  1. 店舗物件を取得するために必要となる費用
  2. 物件取得後に開業準備のための費用

店舗物件の取得のために必要な費用としては、まず保証金や敷金、礼金などがあります。特に保証金の相場は賃料の6〜12ヶ月分とされていますので、相当な費用となります。契約期間の満了などに伴って債務不履行などがない場合は、償却分を差し引いた上で戻ってくるお金です。

続いて、物件を仲介してくれた不動産業者に支払う仲介手数料があり、こちらは賃料の1ヶ月分程度が相場となっています。つまり、物件取得に関してのイニシャルコストは、賃料の約1年分を想定しておかなければなりません。

物件取得後に開業準備のための費用としては、内装・外装工事を行うための費用看板を施工するための費用、店舗のクリーニングのための費用、厨房設備やレジを購入するための費用、店舗スタッフの募集のための広告費用、グルメサイトに情報を掲載したり、配布用のチラシを作成したりするための費用、スタッフのユニフォームやショップカードなどの備品の作成に必要な費用、そしてスタッフの研修などの経費など、実にさまざまあります。

このように、イニシャルコストには数多くの項目がありますので、それらのために多くの費用が必要とされます。そこで、スケルトン物件ではなく居抜き物件の取得をすることで、前の経営者が閉店に伴って居抜きで募集している店舗の、厨房設備や什器などを格安で取得することができ、営業開始までの期間も短くて済むという恩恵を受けることができます。

戻る

TOP