会員登録

お気軽にお問い合わせください!

不動産用語集

飲食店の開店・開業をするときに知っておきたい、用語説明集

預り金

不動産物件の契約検討などの際、ほかに申し込みがあった場合でも優先的に入居審査の手続きを進めてもらうための目的により、不動産会社に払うお金のことを言います。居抜き店舗を探す際にも、気になる物件がいくつかある場合は、預かり金を支払うことで物件をキープすることができます。預かり金の金額は不動産会社によって異なりますが、相場としては賃料の1ヶ月分とされています。もちろん、預かり金を支払うことで必ずしも契約を締結できるとは限りませんので、注意してください。

預かり金とは契約の際に必ず必要になる手付金とは異なり、あくまでも契約の申し込みを行うために優先してもらうためのお金、つまり不動産会社に一時的に預けるお金ですので、目的が果たされない場合には必ず返還してもらえます。最近首都圏を中心に、預かり金の返還にまつわるトラブルが報告されていますが、宅地建物取引業法でも不動産会社が申込金などの預かり金の返還を拒否することは禁止されていますので、このようなトラブルに巻き込まれた際には最寄りの自治体に相談するといいでしょう。

また、預かり金を不動産会社などに支払う際には、そのお金が一時的な預かり金であることを明記した預かり証を発行してもらうのを忘れないでください。内容としては、預けた日付や返還期日、預かり金の目的、そして返還期日には必ず返還される旨の文章を、担当者の記名と押印と併せて記載してもらうようにしましょう。

戻る

TOP