掲載物件数:8193件 非公開物件:205件 ぶけなび会員数:28873人 ぶけなび東海  ぶけなび関西 飲食店買取りJP

HOME > スケルトンとは

スケルトンとは

店舗物件には、居抜き物件とスケルトン物件と呼ばれるものがあります。
このうちスケルトンというのは、内装などの設備がすべて撤去されている状態で販売されている物件のことです。
飲食店業界においては、業態によって必要となる調理器具や厨房のサイズなどが異なり、店舗経営を考えている経営者によって、店舗のイメージや雰囲気も異なります。
すでにレイアウトが確立されていたり厨房設備が完備されている物件をそのまま借りてしまうと、自分のイメージや希望を妥協しなければいけないことも少なくありません。
そのため、自分のイメージ通りに店舗内装を作っていきたい人にとっては、居抜き物件よりもスケルトン物件の方が大きなメリットがあると言えます。

一方で、スケルトン物件にはデメリットもあります。
例えば、契約する店舗が以前にも同じ業態の店舗を経営していた場合、以前の業者が使っていた厨房設備などをそのまま引き継いで使うことができることもあります。
しかし、スケルトン物件の場合には、全ての設備が撤去されている状態で契約をするため、店舗の中に必要な調理器具やテーブルや椅子、内装設備などはすべて初期費用として自分自身で捻出しなければいけません。
そのため、できるだけ初期費用を抑えて飲食店を開業したいという場合には、スケルトン物件よりも設備がすでにある程度完備されている居抜き物件の方がお得になることも少なくありません。

設備がすでに完備されている居抜き物件の場合には、そうした設備状況も含めて価格が決定されています。
ロケーションが気に入って契約する場合でも、それまでの業態が自分が開業する業態と異なっていると、契約した後に撤去作業や設備設置作業などを自分で行うことになり、費用の無駄遣いになってしまいます。
その点スケルトン物件では、前に入店していた店舗の業態などに関係なくロケーションで店舗物件を選ぶことができるため、大きなメリットだと感じるオーナーも多くいます。

内装などにこだわりたい人や資金に余裕がある人は、スケルトン物件が向いていると言えます。
また、飲食店では絶対数が少ない業態の店舗でも、スケルトン物件の方が場所を決めやすいというメリットがあります。
しかし、できるだけ初期投資を節約して店舗を出したいという人や、厨房の設備に関しての知識があったり経験豊かな人は、スケルトンではなく居抜き物件を選ぶことの方が大きなメリットがあるでしょう。

詳細の確認・内見依頼・物件お問合せをするにはぶけなび会員登録が必要です。

居抜き物件・居抜き店舗情報満載のぶけなび 新規会員登録

ページトップ

ページトップへ