造作譲渡契約とは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > 造作譲渡契約

よくある質問

背景画像

不動産用語編

造作譲渡契約とは?

造作譲渡契約とは、居抜き店舗・物件などに付随している内装・外装などの造作物や什器、厨房設備などの備品の権利を譲渡するための契約のことを言います。一般的に物件を借りる際には賃貸借契約が必要ですが、居抜き店舗の場合はさらに造作譲渡契約を結ばなければなりません。造作譲渡契約は新しい賃借人と前の賃借人との間で締結され、賃借人と賃貸人との間で締結される賃貸借契約とは性質が異なりますので注意が必要です。

造作譲渡契約を締結する際に気を付けたいことは、賃貸人の承諾をちゃんと得ているのかということ、そして譲渡される項目が特定されているかということ、そして、譲渡の行われる期日が確定されているか、ということです。そのため、造作譲渡契約を締結する前に、当事者間で譲渡する項目のリストを作成しておくことが大切です。

造作譲渡契約書に記載する内容としては、造作売買の対象となる目的物の表示、賃貸人の表示、賃貸人に事前に承諾を受けているという表示、譲渡に関する価格と予定期日、手付金および残金のそれぞれの支払い期日、善管注意義務、危険負担、手付を解除する場合とその方法の表示、契約を違反した際の解除とその方法の表示、譲渡契約の停止となる条件の表示、そして、新たな賃借人が前の賃借人から原状回復の義務を引き継ぐことについて承諾しているという表示、などがあります。

項目が多いと感じる人がいるかもしれませんが、これらのポイントをきちんと抑えておくことで、譲渡後のトラブルを未然に防止することができます。

>>売却・譲渡をご検討中の方は、『飲食店買取りJP』もご確認ください。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ