ボランタリーチェーンとは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > ボランタリーチェーン

よくある質問

背景画像

不動産用語編

ボランタリーチェーンとは?

ボランタリーチェーンとは、資本的に独立した複数の店舗が協同し、食材の仕入れや宣伝などを合同で行うことによって、効率的な経営を行うためのシステムのことです。これと似たシステムとしてフランチャイズチェーンがありますが、フランチャイズチェーンでは資本提携が行われているため、根本的な違いがあります。現在は、スーパーマーケットなどの小売店においてこのシステムを採用した経営が見られます。

一方、飲食店業界においても、ボランタリーチェーンが注目されるようになっています。ボランタリーチェーンを飲食店で活用するメリットは、安定した仕入れを安く行うことができるということです。大手のフランチャイズチェーンの飲食店においても、大量購入による仕入れ費用の削減が行われていますが、これは多数の店舗で画一化された同質のメニューを提供するために戦略的に行われています。

ところが、ボランタリーチェーンでは各店舗の独立性が確保されていますので、まとめて食材を購入してもメニューは各店舗でさまざまです。このように、それぞれの持ち味をそのまま生かしながら、食材の仕入れだけを協同購入して費用を抑えるというやり方が新しいと評価されているのです。

大企業にはできない新しい取り組みですし、メニューのクオリティを下げることなく、より適正な価格で顧客に提供できるようになることで、店舗側だけでなく顧客においてもメリットのあるシステムです。居抜き物件を取得してボランタリーチェーンによる仕入れを活用することで、イニシャルコストとランニングコストの両者を効果的に削減することができます。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ