転貸(サブリース)とは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > 転貸(サブリース)

よくある質問

背景画像

不動産用語編

転貸(サブリース)とは?



不動産会社などが賃貸物件を一括して借り上げ、賃貸人として第三者と賃貸借契約を結ぶシステム。これは法律的に認められた不動産運営システムの一つで、一般的には「又貸し」や「サブリース」として知られています。

入居者の募集広告業務から、建物のメンテナンス業務まで、一連の業務を不動産会社が請け負うため、物件オーナーにとっては管理の手間が省けますし、税務上の面倒な手続きをシンプルに行うこともできます。


転貸のメリットは、物件オーナーに関するものと、賃借人に関するものがあります。賃借人に関しては、大手不動産会社の安定した物件管理・メンテナンスサービスを受けられるという安心感。物件オーナーについては、特別な不動産経営のスキルがなくとも不動産業をスタートできる手軽さや、入居者との煩雑なやり取りを行わなくてもいいという気楽さ、物件の管理やメンテナンスもきちんと行ってもらえるという信頼感、そして空室が発生しても不動産会社が家賃保証を行ってくれるなど、さまざまあります。

一方、転貸にはデメリットもあります。一括借り上げにあたって、転貸サービスを行う不動産会社の指定に従った建物を建てなければならない場合や、メンテナンスなど指定の業者を使う必要があるなどの制限。家賃保証のシステムにおいて、賃借人の支払う実家賃とオーナーから借り上げる転貸家賃の差額が、時間が経つにつれて空室率が高くなるなどしてバランスが崩れることによるトラブルなど、長い目で見るとある程度のリスクがあることも考慮しておく必要があります。


あくまでも賃貸借契約の代行サービスですので、物件オーナーにとってのメリットがほとんどです。ただし、サブリースのサービスは大手不動産会社が行っている場合が多いので、入居者にとっては何かあった場合に頼りになるというメリットもあります。最近では都市部を中心に空室の目立つ建物が増えてきていますので、今後ますますサブリースへの注目が高くなるでしょう。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ