スケルトン店舗とは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > スケルトン店舗

よくある質問

背景画像

不動産用語編

スケルトン店舗とは?

店舗の内装設備がなく、建物の躯体のみの状態の物件。物件によっては、すでに壁や床が貼ってあることもあります。

スケルトン物件のメリット
1. 思い描いた通りの店舗をつくれる
居抜き物件とは異なり、スケルトン店舗では何もないところから内装をすることになるため、自分の思い描いた通りの内装を実現することができます。
コンセプトなど店舗にこだわりを持たれている方の場合、スケルトン物件の方が居抜き店舗より総額が安くなるためオススメです。

2. 物件選びが簡単になる
開業する業態によっては、それに見合った厨房設備や空調設備、什器や内装など、その業態に見合った設備がすべてそろった居抜き物件を探すのは大変なことがあります。
見つかったとしても立地があまり良くなかったりして、どこかで妥協をしなければならないケースが少なくありません。一方、スケルトン物件の購入であれば、物件に関しては基本的な造作と床面積が条件をクリアしていれば、あとは立地などの有利なものを探すことができますので、出店にあたって妥協をすることなく進めることができます。

スケルトン物件のデメリット
総額費用が高くなる
内装に強いこだわりをもってない方であれば、内装費用や厨房機器がそろっている居抜き物件を購入する方が、初期費用が安く済むことが多いです。


このようにスケルトン物件にはメリット・デメリットがあります。 はじめて開業をする場合は、開業資金をできるだけ抑えることが大事です。そのため、コスト的にリスクの少ない居抜き物件を選ぶほうが良いでしょう。

また、開業資金が潤沢にある場合は、居抜き物件ではなく、スケルトン物件を選ぶべきです。
スケルトン物件であれば自分の理想通りの店舗がつくれ、妥協のない店舗がつくれます。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ