資金繰りとは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > 資金繰り

よくある質問

背景画像

不動産用語編

資金繰りとは?

資金繰りとは、支払わなければならないお金と、回収が予定されるお金のそれぞれのタイミングを見計らうことで、資金が足りなくなる場合には借り入れなどを行うことにより、資金の不足を補いながら、店舗の運営を適切に行うことを言います。

飲食店の開業においては、店舗物件の取得など開業の準備段階で必要となるイニシャルコストや、開業後の日々のオペレーション業務において必要となるランニングコストの両面において、きちんと資金繰りを考えておかなければなりません。このうち、ランニングコストについては開業する業態や想定されるスタッフ数や席数など、店舗の規模が決まることによってシミュレーションをすることができます。

一方、イニシャルコストについては、スケルトン状態の物件を購入して開業準備を行うのか、あるいは居抜き店舗で賃貸借契約を結ぶのか、によって大きく異なります。当然ながら、初めて飲食店を開業しようと考えている人にとっては、資金繰りのリスクの少ない居抜き物件の取得がおすすめです。

居抜き物件であれば、店舗の内装やカウンター、椅子やテーブルなどの什器、厨房設備などが残されている状態で物件を引き継ぐことができますので、それらを再利用して開業準備をスピーディーに行うことができます。イニシャルコストが抑えられるため、削減できたコストをいざという時のリスクヘッジとしてプールすることで、オペレーション時における資金繰りをよりスムーズに進行できるようにもなります。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ