路面店とは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > 路面店

よくある質問

背景画像

不動産用語編

路面店とは?

路面店とは、人通りの多い繁華街などに面した店舗のことを言います。飲食店の店舗を開業する際には、まずどのエリアに店舗を構えるのかを決めることが重要で、業態に合わない立地に開業してしまうと想定した売上げを達成することができません。さらに、複合ビルへの入居の場合では、路面店なのか、地下か2階以上の空中階での開業となるのかによっても、業績に違いが見られます。

路面店であれば当然視認性も高く、歩行者に対していかようにもアピールすることのできる可能性が高まります。視認性が高いことは店舗の売上げの総体を左右する重要なポイントですので、路面店には店舗経営上の最強の武器の一つが備わっていると言えるでしょう。しかしその反面、路面店の経営には高額な費用が必要になります。

毎月支払う賃料を比較したデータによると、路面店は2階店舗の2倍近くの賃料が必要となります。もちろんそれだけではなく、物件の取得の際には保証金や敷金、礼金などの支払いが必要とされますが、イニシャルコストだけの比較においては、およそ2.5倍もの費用を用意しなければなりません。

路面店物件を取得し、スケルトン状態から自分好みの店舗を作り上げていけるだけの資金を用意できればそれに越したことはありませんが、現実的には少しでも初期費用を抑えたいのが本音でしょう。そんな時には、路面店の居抜き物件を探すのがおすすめです。イニシャルコストを抑えることができますし、準備期間もそれほど必要ありませんので、売上げのない期間を短くすることにもつながります。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ