リース店舗とは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > リース店舗

よくある質問

背景画像

不動産用語編

リース店舗とは?

インテリアや内装、厨房設備、什器など一式の設備がそろっており、毎月リース料を支払うことで借りることのできる店舗。飲食店などの開業資金には、賃貸借契約や敷金、保証金をはじめ、給排水、照明などを含めた内装工事費用、厨房設備、レジ、椅子やテーブルといった什器の購入など、さまざまな初期投資が必要になります。リース店舗を利用することで、内装工事費用や設備に関する投資費用などが必要なくなりますので、初期費用を大幅に削減することができ、かつスピーディーに開店準備を進めることができます。リース店舗は新しい居抜き物件の形として注目されているサービスです。

リース店舗において、内部の造作や設備の所有権は賃借人にではなく、設備をリースしているリース会社に帰属します。そのため、物件自体の賃貸借契約は賃貸人と締結しますが、それ以外に店舗設備のリース契約、あるいは業務委託契約をリース会社と締結する必要があります。所有権がリース会社にあるため、無断で売却したり取り替えたりすることはできませんが、メンテナンスや故障の際の対応など、面倒な手続きを代理で行ってくれるメリットがあります。

スケルトン店舗を購入して開業する場合は、内装や設備などが自分の思う通りになりますが、時間が経つにつれてあらゆる設備は劣化していくものです。それらのメンテナンスや交換についての費用はすべて自分で負担しなければならず、相当の費用となる場合もあります。一方、リース店舗であれば、リース会社の責任において最新型の設備に交換してくれるため、コストを抑えた効率的な運営を行うことができます。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ