解約予告とは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > 解約予告

よくある質問

背景画像

不動産用語編

解約予告とは?

解約予告とは、店舗物件などの賃貸借契約で設定されている、賃貸借契約の解約を事前に賃貸人に事前に通知しなければならないという、賃借人側の義務のことを言います。飲食店などの店舗では、解約予定日の3ヶ月から半年前に通知することが義務付けられており、解約予告を行ってから解約する日までに支払う賃料のことを、解約予告賃料と呼んでいます。

解約を通知してから解約予定日までの間に閉店したり明け渡したりすることはできますが、その際には解約予告賃料の残金を支払わなければなりません。もし半年前の通告とされている契約であった場合、解約予告を行って1ヶ月後に明け渡す際には、5ヶ月分の解約予告賃料を支払う義務が生じます。

解約予告賃料だけでなく、内装や外装、設備などの造作を解体して原状回復を行うための費用が必要になりますので、飲食店を閉店するとなると相当の費用を覚悟しなければなりません。ただし、そんな時に居抜きで物件を売却することで、原状回復のための工事を行う必要がなくなるばかりでなく、什器や厨房設備などの造作を売却することによる収入を得ることができるため、さらに出費を抑えることができます。

また、賃貸借契約の内容によっては、解約予告期間であっても、居抜き状態による売却などによって新たな賃借人が決まり、すぐに営業をスタートできるようなケースでは、解約予告賃料が免除される場合があります。新たな賃借人にとっても少ない初期投資で営業を始めることができるメリットがありますので、双方にとって便利なシステムと言えます。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ