居抜き店舗とは?

掲載物件数:9477件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33279人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > 居抜き店舗

よくある質問

背景画像

不動産用語編

居抜き店舗とは?

もともと別の店舗として運営されており、もとからの内装や設備が残っている状態の物件です。 以前の店で使われていた厨房内の機器やエアコンといった空調設備、テーブルや椅子などの家具、カウンターなどもそのまま残っているので、手軽に開業準備に入れる居抜き物件もあります。

居抜き物件のメリット

1、スケルトンからの開業よりも初期費用が安い

スケルトン物件と比較して、すでにある程度の設備がそろっているので、開業にあたって内装工事費用がそれほど必要とされません。特に初期費用をあまりかけられない飲食店の初出店のかたは、スケルトンからだと坪あたり50万〜100万円程度かかってしまうため、居抜き店舗ですべての設備が整っているとなると、かなり初期費用を抑えた出店が可能なためオススメです。

2、開店までのスピードが速い

通常スケルトン物件から内装を造るとなると、開店までの期間が1ヶ月以上かかってしまうことがありますが、居抜き物件の場合、そのまま営業ができる物件もあるため、開業までのスピードが比較的早いというメリットがあります。

居抜き物件のデメリット

1、物件によってはスケルトンの方が安くすむ場合がある

居抜き物件は総じて出店費用が安くすむと思われがちですが、居抜きの厨房機器のクリーニングの費用や、故障による修理費用、機器の故障があった場合は廃棄費用が発生することもあります。また、リース品が多い店舗の場合、毎月リース代金の支払いが余分に必要になる可能性がありますので、注意が必要です。造作費用と合わせると結果的にスケルトンから造ったほうが安くなる可能性があります。

2、すべての希望条件をクリアする物件が見つけにくい

スケルトン物件の場合、立地を押さえておけばご自身の希望条件をクリアできる可能性がありますが、居抜き物件の場合、立地に加えて、内装や設備も条件のひとつになるため、立地は良くとも内装が希望通りでない場合や、逆に、内装や設備は希望通りでも立地が難しいなど、スケルトン物件より条件が厳しくなるため、希望通りの物件が少なくなる傾向があります。

居抜き店舗を探す際のポイント

居抜き物件を購入して開業を検討する場合は、お店に必要な厨房設備や空調設備、什器や内装についてあらかじめリストアップをしておきましょう。 そのリストをもとに、数ある居抜き物件候補から条件にあったものをピックアップすることで、効率的に開業準備を進めることができます。基本的には、同じ業態で経営されていた店舗の居抜き物件を探すのが近道です。すべての条件を満たす居抜き店舗が見つからない場合は、契約後に内装工事をやり直すなどしてアレンジすると良いでしょう。

居抜き物件の設備を上手に利用するには、開業してから5年以内の店舗に絞ると良いでしょう。大型の業務用エアコンなどは5年使用するとオーバーホールが必要になりますし、厨房設備なども5年経過したものでは、中古として買い取ってもらうことも難しくなります。故障した際の修理に手間取ることも考えられますので、開業して数年程度の居抜き物件を狙うのがおすすめです。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ