現地調査とは?

掲載物件数:9465件 非公開物件:264件 ぶけなび会員数:33264人 ぶけなび東海リンクぶけなび東海  飲食店買取りJPリンク飲食店買取りJP

居抜き物件サイト ぶけなび > よくある質問(不動産用語編) > 現地調査

よくある質問

背景画像

不動産用語編

現地調査とは?

飲食店の開業を計画する際には、現地調査が欠かせません。飲食店の経営にあたっては、「立地が8割」とも言われていますが、これは経営がうまくいくかどうかについて、立地的な要素が大きな影響を与えているということを表しています。そもそも、店舗がターゲットとしている顧客が少ないエリアに出店したとしても、想定している売上げを確保することのできる可能性はぐんと低くなります。コンセプトシートで描いた通りの立地が見つかることがあるかもしれませんが、飲食店の経営に適した立地であるため、当然ながら賃料が高いなどの経済的なハードルがつきものです。

そのため、詳細な現地調査を実施することで、費用面で折り合いをつけながらも理想的な目標に近い立地を探し出すことが可能になります。現地調査で確認するポイントとしては、候補となる物件の最寄り駅の利用者数や労働者や学生の比率、物件周囲の人の動きや交通量、周辺にある競合店の内訳、複合ビルの場合は入居しているテナントの内訳、高層階であれば視認性がどうなっているか、などです。

居抜き店舗を候補に入れることのメリットは、これらの現地調査だけでは分からない、実際の店舗のオペレーションにおけるデータを数多く入手することができることです。一般的には同じ業態の店舗を選ぶことになりますので、実際に開業した際の顧客の性格や一日あたりの動向、客単価、そこから算出される一ヶ月あたりの売上げ予測など、多くの有益なデータを知ることができます。

その他の用語について

ページトップページトップ

ページトップへ